パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリの地図はやはり必要
パリに行くには相変わらず飛行機がほとんどですが、
パリの地図もアプリで使われる方も増えましたよね。



でも、こんな小型の地図をひとつもっていくと、電波が悪いときでも安心です。

パリの小型の地図にカバーをかけて街歩きに使用するのは便利ですよ。

ひとつ覗いてみましょう☆


パナセァ
スポンサーサイト
あいかわらずパリ、やっぱりPARIS
[あいかわらずパリ、やっぱりPARIS]の続きを読む
お久しぶりです。
ここのブログにもしばらく来ていませんでした。
グーグルがどうも私にここには広告を出してほしくないというコメントをだされておられたことに
長く気がつかずにすんませんでした。
(理由はいまいちわからず、グーグルってそういうとこあるみたいですよね・・・)

まあ、アフィリエイトについてここ数年全く勉強していないので、
世の中の流れをそのうちにぼちぼちながめつつ更新していきます。

家族に不幸があったりしてなかなかブログ更新できなかったですが、
本人はのほほんと生きております。

また、色々と見直して書いていける日がくるといいなと思っております。


ではでは☆


パナセァ
クリスマスにパリに行く予定の方へ
今年のクリスマスにパリに旅行に行こうと計画している方もおられるかもしれません。

実はヨーロッパはご存じのようにキリスト教の方がわりと多いので、クリスマスはとても盛んなんです。

盛んというと、なんだかにぎわっているように想像される方もおられるでしょうが、意外なことにヨーロッパのクリスマスは日本のお正月みたいに家族が集まってしまうので、パリですら人口が減ってしまうようです。



ポケット版のパリの地図/Michelin Paris Plan Poche 50

私も以前ちょこっとだけパリに停泊していたときにクリスマスにパリ市内に残っていたことがありますが、5区の繁華街に住んでいたにもかかわらず、結構暗くてイブなのに怖かったものでした。

もしや非常時?(私の停泊時代には今のようなネットも存在せず、住んでいる部屋にはテレビすらなかった)と不安になってノートルダム寺院まで歩いてみたら、そこは煌々と輝いていて、中でミサをしているようで、モニターに色々内陣のようすが映っていましたが、いつもは教会内の座席にも座れるのに、イブの日は近寄ることもできませんでした。

つまり、観光のパリとしては営業していたわけです。



パリ中心20区をカバーした地図/Michelin Plan Paris 54

サンジェルマンデプレ教会のあたりもなんだか寒々と暗くてちょっと覗いてみたのですが、とても非クリスチャンが入って見学できる雰囲気ではありませんでした。

なんだか本物のフランス人をみたような気がしてびっくりして入れなかったです。

サンジェルマン通りも暗くなっていました。



パリのポケットサイズ地図帳/Michelin Paris: Par Arrondissement

私は当時(1995-96年)自炊していたので、イブにレストランに入ることはしませんでしたが、もっと前に友人とロンドンとパリをクリスマスシーズンに旅行したときは、ロンドンで本当に往生しましたよ。

往生っていうのは、つまり、食べるところがなくて、どうしたのかよく覚えてないけど、多分中華とかでそばをすすったくらいだったのだと思います。

ちなみにシャンゼリゼの眺めの良いカフェなどはクリスマスとか大晦日には予約しなと入れない可能性があります。もちろん、一本内側に入れば簡単に利用できるカフェとかあるんでしょうが、時間がない旅行の最中は寒かったらなかな大変かもしれません。

少なくともホテルは予約していきましょう。
スーパーの営業しているうちに食糧を買い込んでホテルでいっぱいやるのも悪くないかも。

そのとき、お部屋を汚さないように注意しましょうね。



老婆心申しました☆


パナセァ


大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


パリ旅行には地図をもっていきましょう♪
このくらいユーロが安いと思ったってパリに行っちゃおうというひともいるでしょうね。
お休みがコントロールできるかたには本当にチャンスだと思います。



ポケット版のパリの地図/Michelin Paris Plan Poche 50

ただ、チケット+ホテルの場合、最初は色々と苦労するので、
欧州旅行初心者の方は特に重くてもガイドブックと、
パリの地図はもっていったほうがいいかも。



パリ中心20区をカバーした地図/Michelin Plan Paris 54

パリの地図はガイドブックの地図と違って通りの名前などがきちんと表示されているのが特徴です。



パリのポケットサイズ地図帳/Michelin Paris: Par Arrondissement

パリの地図は空港などでも購入できるチャンスはあるのですが、大きな荷物をもって、
色々なところを歩くのはとても大変です。

また、書店に行くのも、そもそも初日に使いたい場合には間に合わないですね。
日本で手に入れられるのですから、手に入れておきましょう♪

特に「Paris: Par Arrondissement」はオススメです。


備えあれば憂いなし☆


パナセァ


大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。