パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コパン家の方、ならびにフランスの友人たち、ありがとう!
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(地図)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)[Folded Map]
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図を60に区分したポケット版
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps: Paris Atlas (Map No 11))
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

なんだか東日本大震災で精神的に疲れてしまってなかなかこのブログを開けませんでした。

他のブログなどでは書いてないですが、3月11日の次の日からフランスの私の数少ないけど大切な友人からメールが届き始めました。

本当にありがとうという気持ちでいっぱいになりました。
「日本」というとすぐに思い出してくれただけでも十分嬉しかったです。
また、あえて自分の方からメールを、半ば闇雲に出してくれるフランス人の姿勢が
いつもながら暖かいものに感じられました。

私は私が住んでいるところが北海道S市であると少ないフランス人の友人全てに伝えて、
各自に日本地図を配ったりして説明してあるのに、

何年たっても北海道がどこだかわからないままに日本全体のニュースに反応してくれる。

私もフランスのパリとナント以外はいつまでたってもどこだかぱっとは分からない、
また、フランス語モードに入るとふつうでも日本人としてはひどい方向音痴が
爆裂してわからなくなって、ヨーロッパのどこにフランスがあるかすら分からなくなので、
友人たちが薄情で北海道の位置を覚えてないとは思わないのです。

本当にメールありがとう、フランスの数人の友よ。

返事が簡潔すぎてごめん。

次にあったときか、私が今回の災害関連の内容を解説できるようになったら
もっとわかりやすいメール書くね。

といっても誰も日本語はわからないのでこのブログは読めないのです。

フランスでもFrance 2などのテレビのニュースでも原発関連も含め情報はかなり正確にでているようです。
もしかしたら日本のテレビさんよりも・・・

だから「France 2のとおりなのよ」というふうにいっちゃいました。

私は正直日本が大切なのであきらめたくないです。

日本あっての私ですから。

フランスの友人にも若いひとには日本に遊びにきてほしいという希望があります。

だから、日本をあきらめないでいきます。

このブログもぼちぼち続けていきます。

私のとりえはあきらめないことだけですもんね。

では、今日のところは口上のみにてしつれいします☆


パナセァ



大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック



お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)



スポンサーサイト
磯村尚徳先生をお迎えしてのシンポジウムに参加して~日本は人気の国~
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

前の土曜日である10月18日に札幌市のホテルオークラ札幌というところで、日仏メディア交流協会会長でいらっしゃる磯村尚徳(いそむらひさのり)先生を囲んでの記念シンポジウムというのがあり、札幌日仏協会の一番はしっこにお尻半分だけ乗せさせていただいているのみの身ながら、ちょこっと聴衆にならせていただきました。

ハナシの中心は北海道のことより、どちらかというと、「日本人の女性が圧倒的に愛している国がフランスであるのだが、今や、日本アニメの大人気によって、フランスの若くてあまり富裕でない層の女性を中心とした日本ファンが増えてきている。日本は人気の国なのだ」といった感じの内容でした。

会場はかなり満員であり、会場マックスまで椅子が出されて、多分150人以上の聴衆がシンポジウムから色々な感銘を受けた模様でした。

改めて磯村尚徳先生の人気を再確認させていただきました。

また、パネリストの永瀧達治さんの奥様が有名フランス人女性であることも、私は会場で伺うまで知りませんでしたが、もしかしたら、私と同年代や少し上の層の札幌マダムの参加意欲を促したかな~?ともちょっと感じました。

少しだけ残念だったのは、フランスのあまり富裕でない若い女性を中心とした日本アニメのファンという人と、今回の聴衆のみなさま(私を含みます)とのフレンドシップみたいなものを紡ぎ出すのは簡単ではないという印象があったことです。

まぁ、パネリストの中にフランス人であまり富裕でない日本アニメファンを採用するのは非常に難しいですから、今回の情報は「プレゼント」として各自が咀嚼するしかないかもしれませんね。

とまあ、あたりさわりのない感想になってしまいましたが、初老のフリーターである私にはこんなことしか、この件については書けませんのです。

それにしても磯村先生は何百回かフランスを出入りされたとのこと、さすがだとため息がもれちゃいました~ハート顔


ゴージャスな世界を垣間見られて幸せでした☆


パナセァ

大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

フランス人は日本人のことを知っているか?
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

フランス人で、日本という国名を知っている人はどのくらいいるのでしょうか?

20年前よりは格段に増えているのかもしれないけど、それはスポーツファンとかで選手の国籍を通してかもしれない・・・などと思ってしまいます。

パリではものすごい数の日本料理屋さんらしきものがあったりしますが、それも、本当に日本のことをわかってやっているというより

日本人が中国のことは知らなくてもラーメン屋さんを開店するみたいなのりかもしれないと思います。

まぁ、ニュースのトピックでも昔よりは日本のことがでてくるようになりましたが、それもどちらかというと

日本人が薄ボンヤリした平和でどうしようもないキャラクターの時

のように感じてしまいます。

エスプリというか、ちょっと皮肉なジョークをいうのが好きなフランス人ですから、日本のことを取り上げるだけで、それがどういう扱いであっても、関心がなかった時代よりはいいのかもしれません。

問題は、これに日本人がどのようにリアクションできるか?なのかもしれませんよね。

日本に来ているフランス人は動機はどうあれ、少なくとも日本に利害関係があるので、日本のことを悪くはいいません・・・というか、悪くいえない場合が多いということでしょう。

日本にいるフランス人が日本のことを批判がましくいいつのるときも、どちらかというと、日本人と話したいと思っていることが多いと思います。

ただ、フランス人の(欧米人の?)哀しい性で、そのコミュニケーションを自分に優位にしたいがためにフランス語でやろうとする傾向があるので、ただでさえ、ディスカッションが得手ではない日本人がこれに乗っていかないということはあるでしょう。

フランス人サイドとしては

「せっかく胸襟開いたのに~~」と

思っているのですが、

日本人のフランス語をある程度できるくらいの人にとっては

「他人の国にクリティックなことをいうのに自分の母国語かよ~~」と

思ってしまい、せっかくのコミュニケーションが

「ウザ・・・」となってしまうのは、
これは、日本人が日本人同士でもあまり活発に討論なんかしないのですから無理はないのでしょう。

また、

「外国人は自分の国の言葉を学んで当然」という欧米人の一部の人の考えかたに日本人が

「あーーあー!」と

なってしまい

「もう学んでいるやないか、性根まであんたの都合よくあわせよというのは、それは無理でっせ」

と思うのは当然のことなのです。

ただ、上記のような現実の一部(私が感じ取れるのはほんとうにものすごく狭い範囲だからです)と共に

フランス語を齧った日本人は、フランス語を解するということをある意味享受しているのであるから、

ある程度コミュニケーションの努力はしたほうが望ましいことは、まあ、それほど見当違いな考えかたでもないでしょう・・・

しかし、ここで問題があるのです。

日本人の間では、誰が、どのポジションの人がどのくらい話していいのかだいたい決まっているので

フランス語関係の日本人の偉い人が
フランス人とコミュニケーションをしてくださらないと

とても、おこがましくて、下々はできない・・・という「現実」があるのでございます。

かくして、日本はフランス人の間では21世紀も相変わらず「神秘」の国か「寿司」の国のままなのかもしれません。

それはそれでいいですよね。

平和でさえあれば、お互いに交流できるし。

フランス人の好奇心が先行した日本情報がフランスでの日本情報の主流になるのは、仕方ないことなのかもしれません。


フランス語はホント難しい☆


パナセァ





大通美術館教室でフランス語
【楽天市場】本・雑誌・コミック
FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆





テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

プラザ・アテネから~徹子さんとアズナブールさん~
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

フランスに行くというイメージはどちらかというとあんまりないのですが、実は黒柳徹子さんは11月下旬、テレビ朝日のクルーと共に10日ほどもフランスに取材旅行に行っていました。

徹子さんはなんと、今年5月に2006年度「日仏フレンドシップパートナー」(従前のフランス観光親善大使)に就任していたのだそうです。

黒柳徹子さん、フランスロケ無事終了!

その時にパリプラザ・アテネというホテルで収録したのが、本日のシャルル・アズナブールさんを迎えての「徹子の部屋」です。

プラザ・アテネといえば、パリ8区にあるシャンゼリゼにも通じているモンテーニュ通りにある四つ星デラックスのホテルでございます。

ま、徹子さんにとっては当然のホテルというか、アズナブールさんを迎えるには当然のホテルでしょうね。



しかし、シャルル・アズナブール氏は非常に感じの良い方でびっくりしました。
思っていた通りの年輩の方でしたが、大変抑制のきいたものの言い方をされるのにユーモアも技もあるのです、役者志望から始めた経歴をきいて納得しました。

アズナブールさんのオリジンがトルコ方面にもあることも初めて知りました。

「人種も宗教も出身地も関係ない。大切なのはその人がいい人であるかどうかです」と明確に静かにおっしゃっていました。

これは、色々な葛藤や戦いを経てこないとなかなか言えない言葉ではないでしょうか?

私のように自分の人種や出身地に激しくこだわってしまう小物には終生達し得ない境地かしらね。

「自分のシャンソンというのは出身地とかローカル性があまり関係ないものが多いから、アメリカでも翻訳しやすいらしくて、あちらでも受け入れやすいみたいです。

アメリカ人というのは(ヨーロッパ人よりも)よりピューリタンなのでしょうね。

私たち(ヨーロッパ人)というのはもっとおおざっぱなんですよね」

というようなことを話しておられたようでした(録音も、録画もしていませんのであくまで不正確ですが・・・)

相手の立場になって考えるクセがある方のようでした。

それなのに、徹子さんが

「私も耳の不自由な人の劇団を主宰していのだが」とアズナブールさんの手話を交えたコンサートの件に話しをもっていくと、

最初は手話についてエピソードも語っていたアズナブールさんが、徹子さんのつっこみに上手く答えられなくなった?のか

「ま、私は自分のシャンソンの歌詞のことくらいしか本当はわかってないのでよくわからないのですが・・・」と少し苦笑しているような謙遜しているようなふうに言葉を結んでいました。

なんとなくユーモアがある感じがしました。

本当に徹子さんったら、ひっかきまわし上手なんだから~~

ほか色々つっこみどころ満載でしたが、慢性腱鞘炎のためにこのくらいに・・・

● 2007年1月21日(日)14:00~15:30 テレビ朝日系列「徹子さんのわがままフランス旅 パリ~アルザス ジャムの妖精をさがして」(仮)
↑今回の取材でこんな番組も計画されているようです。

年末年始はテレビのチェックも大切よね~~☆


パナセァ


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆





テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ロマネ・コンティ
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

ロマネ・コンティRomanée Contiというのはフランス東部ブルゴーニュ地方特産の高級赤ワインです。ロマネ・コンティというのは畑の名前です。

ルイ 15世の寵愛を一身に集めていたポンパドール夫人とコンティ公が所有権争いをし、コンティ公が手中に収めたことから、この名が付いた、といわれています。面積わずか 1.8ヘクタール、石ころだらけの痩せた畑だということですが…ここで造られるワインは年産わずか6000本、愛飲家の垂涎の的になっており、非常に高価なことでも知られています。

なんでも1本50万以上もするとか…風の噂できいたことがあったのですが・・・

パリ市は10月20日に保守のシラク大統領がパリ市長だった時代(77-95年)に集めたワインを「宝の持ち腐れ」とかいって、競売にかけて市財政にあてちゃうことにして、やってしまったというのです。

そのワインというのは高級品から普及品まで計4960本で、売り上げ見込み額は55万ユーロ(8200万円)に登るといいます。

左派・社会党のドラノエ現市長の方針なんだそうです。
財政上の必要性や、市役所脇を流れるセーヌ川の洪水で貯蔵庫に被害が出る可能性を考慮して売却を決めたんだそうですが… 

落札されたワインの最高級品は1986年のロマネ・コンティ2本で、5000ユーロ(74万円)で落札されたそうです。これは1本でその額だったという情報もあるんですよね(謎)。

英国人のウィリアムさんという人が落札者だそうです。

ちなみに毎月20日は「ワインの日」なんだそうです。
これは日本ソムリエ協会が1994(平成6)年に制定したそうで、フランス語で「ワイン vin」と「20 vingt」がともに「ヴァン」と言うことからだといいます。

ロマネ・コンティというの投機の対象になるほど高価がたきいたことがありますが、本当なんですね。


しかし、豪華なのかそうでないのか微妙な事件ですね☆


パナセァ

FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆
pppppppppppppppppppppppppppppppppppppp



楽天トラベル…
旅の窓口です!

Click Here!





リーブル・パナセァ
1階・旅情報のフロア地下階・文房具のフロア2階・フランス語学習書のフロア
3階・洋書のフロア4階・パナセァ文庫のフロア5階・催事のフロア





アマゾンアソシエイト













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。