パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の常識は世界の非常識?フランスではどう?
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

W杯で日本チームが1次リーグ敗退を決めたとたんにまってましたとばかりに「これが世界だ!」とか「日本の常識は世界の非常識」とかいうマスコミレベルでの報道がこんな片田舎にいても目にできるのも、マスコミ様のおかげです・・・と日本式についつい感謝してしまいますよね。

だったら、もう少し前から色々いってあげればいいのに・・・

ま、いいですね。これがニッポンなのですから、いやなら新聞とか読まなければいいんですしね・・・

フランスに停泊していた時にも日本の常識が通じないということはものすごくたくさんありました。
ただ、それ以前に言葉が通じていない・・・というのもありましたね。

ホラ、今、パリの警察署でフランス語とか英語で読み書きできない普通の日本人旅行者のために日本語での届出用紙があるらしい・・・ってききますよね。
フランスなどというキザ?な国だって、自国の大切なお客に対してはそれなりに歩み寄りをしてくれているのも事実ではあります。

だけど、飛行機でも10時間以上、通常はかかるフランスと日本の距離というのは伊達ではなく、多分、離れているから常識が違うということがたくさんあると思います。

そんなフランスだって、今、「カフェ(コーヒー)」とかいって盛んに飲んでいる飲み物だって「ショコラ(チョコレート・ココア)」とかいって盛んに食べたり飲んだりしているものだって、「ポム・ド・テール(ジャガイモ)」といって毎日のようにサラダにいれたり、フライにしたりして食べているおいもさんだって、もともとは外国から取り入れたものですよ~~

日本の常識だって、世界の常識になる日がくるかもしれませんよね?

ひとつだけいうと、日本人は「だれかについていきたい」という気持ちがなんとなくちょっとだけフランス人よりも多いかな?とは思いますね。

ま、ついていくなら、ついていった人と本当に友だちになって大切にしてほしいですよね。
「やっぱイメージと違ってた」ということになった場合、ケースバイケースとはいえ、離れられた側からみると「利用された」という気持ちになるのもやむおえないですよね。

リーダーシップというものとか他人から与えられる「指針」には善意からくるもの以外(友好関係)は値段があるということは世界の常識ですが、そこに対する認識が、日本人にはちょっと足りないこともあるかもしれません。。。

うーーん、それだけ、育ちがいいんだ(#^.^#)♪ということにしておきましょう。

日本チームは世界では若いチームなんですね☆


パナセァ


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆
pppppppppppppppppppppppppppppppppppppp



楽天トラベル…
旅の窓口です!

Click Here!





リーブル・パナセァ
1階・旅情報のフロア地下階・文房具のフロア2階・フランス語学習書のフロア
3階・洋書のフロア4階・パナセァ文庫のフロア5階・催事のフロア





アマゾンアソシエイト













スポンサーサイト

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

実用フランス語技能検定試験・春季・5級・4級・3級
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

本日は実用フランス語技能検定試験、通称「仏検」の2006年春季の試験日です。

大通美術館内 月曜講座 フランセ ファシルでご紹介させていただいていますが、私が個人的にやっている小さな勉強会からも、本日3名の受験者がおられます。

仏検合格のための傾向と対策4級―文部科学省認定実用フランス語技能検定試験 仏検合格のための傾向と対策4級―文部科学省認定実用フランス語技能検定試験
梅比良 真史 (2003/06)
エディシヨン・フランセーズ

この商品の詳細を見る


仏検はどの級をもっていればかっこいいとかそういうものではないと私は思いますが、それは、英検のように、仕事などに直接結びつくことがほとんどないからということもあるでしょう。

また、英検でもそうなのかもしれませんが?検定というのはある種の傾向があって、普通の生活でその言葉を使っているからといって、必ずしも簡単に合格するものでもありません。

とはいえ、仏検なら一応「3級」くらいを目標に頑張れば、その結果としてやさしいフランス語文を読むことができ、旅行などでは困らない程度のフランス語会話もできるようになると思います。

今日はこれから、受験者と待ち合わせて、問題のコピーを作り、明日、復習する予定になっています。

なんでもそうですが、一歩一歩、基礎から大切に学んでいく姿勢が結局はなにかを極めていく土台になるのではないかと思います。語学の勉強は直接「経済」にはつながらないかもしれませんが、何かを推進していくことへの示唆に富んだ経験になると私は思っています。


曇り空の札幌より☆


パナセァ

FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆
pppppppppppppppppppppppppppppppppppppp



楽天トラベル…
旅の窓口です!

Click Here!





リーブル・パナセァ
1階・旅情報のフロア地下階・文房具のフロア2階・フランス語学習書のフロア
3階・洋書のフロア4階・パナセァ文庫のフロア5階・催事のフロア





アマゾンアソシエイト













テーマ:外国語学習 - ジャンル:学校・教育

パリでタクシーを使う場合に・・・流しはありません
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

パリに限らないのですが、フランスでは「流しのタクシー」というのが原則ありません。



正式に営業しているタクシーは車体の上に「TAXI」とつけて走っていますが、客待ちの時は「テット・ド・スタション」というタクシー乗り場に停まっています。

乗りたいお客はそこに列を作って、最初のほうから順番に乗り込むのが原則です。

しかし、ここでも、色々と考えておかなくてはならないことがあります。というのは、「テット・ド・スタション」はTのマークで地図にも載っていますので、パリに旅行に行く前にある程度、どこからタクシーが利用できるかは推測できます。

とはいえ、実際に各「テット・ド・スタション」にいつもタクシーが待っているとは限りません。また、パリの夜は日本よりも暗いので、場所によっては夜になるとそこが乗り場だとわからないほど暗いことがあり、タクシーが停まっていないと「闇」という雰囲気の場合もあります。

女性がひとりスーツケースをひきずりながらタクシーを待つには正直あまりよい気分がしないことが多いです。



空港にはさすがにいつでもタクシーはいるようですが、国鉄駅レベルでもいない時があったりして、私も若い頃はとても怖い思いがしました。

私が空港からホテルまで一気にタクシーで行ってしまうのは、リムジンバスで国鉄駅まで行っても、そこからまたタクシーに乗る場合、時間のロスも心の負担も、時間帯によってはかなり大きいからです。

外国の街というのは原則、初めて訪れるときは「日のあるうち」というように設定するべきかと思います。
そうでない場合は、情報を集めて、多少高くついても安全な道を選ぶというのが初心者にとっては良いと思います。

また、ベテランの方も体力的にきつい時は初心者のように振舞われることが危険を回避するコツになるかもしれません。
いつもパリに行っている人が意外と臆病なのにはびっくりしてはいけないのかもしれませんね?


パリではのみの心臓☆


パナセァ

FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆
pppppppppppppppppppppppppppppppppppppp



楽天トラベル…
旅の窓口です!

Click Here!





リーブル・パナセァ
1階・旅情報のフロア地下階・文房具のフロア2階・フランス語学習書のフロア
3階・洋書のフロア4階・パナセァ文庫のフロア5階・催事のフロア





アマゾンアソシエイト













テーマ:フランス - ジャンル:旅行

時差のちょっと大切な確認ポイント、フランスの場合
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

フランスと日本の時差は夏時間なら7時間、冬時間なら8時間です。
これは、フランスと隣接するヨーロッパの国もだいたいそうです。
(正確なところは確認してくださいね)

ですから、フランスに着くと時計を逆戻ししなくてはならないんですが、実はそれは自分の身体の時差であって、「現実の時差」というのがちょっとなかなか手ごわいことがあります。

たとえば、エアフランスの直行便でフランスに早朝に着く便がありますが、ただでさえ時差と長時間フライトで疲れきった自身の身に一番辛いのは、フランスが早朝である・・・というフランスご当地の「現実」なんですね。

というのは、窓口がほとんど開いていない。
鉄道の窓口すら、一番電車がでるわずかに30分くらい前にならないと開かない。
インフォーメーションにも人がいない。
いても、めんどくさそうで機嫌が悪いとか・・・機嫌が良くてもまだ目覚めきっていないのか、ちょっと適当なことをいってるような感じだったり・・・

フランス人はどちらかというとお天気屋さんに見えるというか、自分の感情を包み隠さない人が多いのですが、普通のフランス人の係員は(フライト関係の人はさすがにきちんとしていますが)それなりに早朝っぽい感じです。

逆にその時間からテキパキしている人には、いわゆる「頑張らなくてはいけない人達」が多いわけで・・・タクシーの客引きの人などは、タクシー乗り場が明記されているのに、ロビーの方にまででて

「タクシー?タクシー?」と
とっても親切?に教えてくれます。

ああ、とっても親切なのね~~と感激してそういう客引きの方についていったことが私にはありませんからわかりませんが、あまりに早朝から親切なフランス人にはちょっとびっくりしてしまいます。

私はタクシー乗り場までとにかく行ってから、止まっている車の運転手さんと挨拶してから利用させていただくようにしています。

早朝ですから、大変だな~~とも感じますが、フランスのタクシーは時間帯とメーターの2つの要素で量る他に空港や国鉄駅から出発する時はちゃんと追加料金が着くようになっていますから、遠慮はいらないのです。

行き先は紙に書いて運転主さんに確認しましょうね。
季節によっては早朝はまだまだおもては真っ暗です。
パリ市内に着いても真っ暗なことがありますから、用心深いくらいでちょうどよかったりします。


タクシー乗り場に行くだけでも時差を感じます☆


パナセァ

FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆
pppppppppppppppppppppppppppppppppppppp



楽天トラベル…
旅の窓口です!

Click Here!





リーブル・パナセァ
1階・旅情報のフロア地下階・文房具のフロア2階・フランス語学習書のフロア
3階・洋書のフロア4階・パナセァ文庫のフロア5階・催事のフロア





アマゾンアソシエイト













テーマ:フランス - ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。