パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かっこ悪い海外旅行?ぶざまなバリアフリー旅行?えっちらおっちらのフランスの旅
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

私はもともと「優雅」になにかをすることが苦手でなんでも失敗を積み重ねてやっとなんとかパスするというところがあるので、過程においての私は非常にぶざまなんだと思います。

でも、逆にいえば、私はへろへろになりながらぶざまな自分の状況を執念深く覚えているので、それを色々な形に後付けでいじくって、できるだけ面白く感じられるようにと、それなりに工夫して考えて話したりして、自己満足からもしれませんが、それでなんとかつじつまを合わせたつもりになっているのだと思います。

私の小さな日常生活の中では海外旅行が大きな趣味にようになっている感じがありますが、ずっとどこか他人には見えないところが(顔が悪い以外?にも)なにかしらの故障を抱えていて、動きはスムーズではなく、だから、バリアフリーを探し探しの旅しかできていないので、回数自体は少ないです。なぜなら、ちょっとでも不自由なことがあると、旅というのは準備も実行も桁違いに大変になるものだからです。

幸い・・・というか、結果的にというか、私の私生活はほとんど悲惨の繰り返しで、捨ててきたものというか、得られなかったものの集積でできているような感じですので、ぶざまなことにも耐えられる基本的な精神力があるのでしょうが、普通の女性なら(あくまで私の感じかたです)、私のような状態で海外旅行をするなんて考えられないことだと思います。私がぶざまな海外旅行を実行する気になれるのも、そもそも、実生活が常にバリアフリーとの戦いで苦闘に満ちているからだと思います。

私の若い頃の知り合いに「私は海外には仕事でしか行きたくないから」と、旅行に誘ったのに断ってこられた方がおられましたが、プライドのある方というのはそういうものなのかな?「しかたなく海外にくるのが私の日常というか、生活の流れなの」・・・という感じにいうのがやっぱカッチョイイんでしょうね~~とは思いますが・・・そんな風にカッチョヨクなれない私は自分のやり方で旅行するしかないです。

私は「カッコワリー海外旅行」をできるだけ安全に、それなりに人間らしく、できるなら、生きて動けるうちはなるべく続けたい、それも、オリンピックのように4年に1回とかでも続けたいと思っているだけなんですが・・・これすら、私にはかなり難題なのですね。

とにかく、私が何かを企てるとことごとく、ガチャガチャと乱雑で、品性のかけらもなく、混迷してしまうのは、高所恐怖症で方向音痴なのに海外旅行に行こうとする企て自体がかなりあつかましいのだからなぁーと、諦めるしかありません。

というわけで、今、パッキング開始(自宅をでるのは24日)に手間取って、ついつい、いらぬ愚痴がダラダラダラダラとでているわけです。

8月24日に自宅を出発して2週間弱ですが、ちょっとEU圏に迷いこんで「とほほなウィーン&パリ停泊」をしてまいります。

うまく舞い戻りましたら、おなぐさみ~~という心持です。


今日は札幌も少し涼しいかも☆


パナセァ

FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆
pppppppppppppppppppppppppppppppppppppp



楽天トラベル…
旅の窓口です!

Click Here!





リーブル・パナセァ
1階・旅情報のフロア地下階・文房具のフロア2階・フランス語学習書のフロア
3階・洋書のフロア4階・パナセァ文庫のフロア5階・催事のフロア





アマゾンアソシエイト













スポンサーサイト

テーマ:旅じたく - ジャンル:旅行

飛行機恐怖症だけど、フランスに行くときは乗ります、気合です!
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

今月の25日から(札幌は24日にでますが)ちょこっとパリにミニ停泊に行ってくる予定です。

ま、「予定」というのも、どんなことにもなにがあるか分からないのは、ロンドンのテロ未遂だけではないので、なにごとも確定的に言わない方が身のためだからですが。

そもそも、私は飛行機恐怖症です。いえいえ、はじめからではないのです。道産子の私は東京に進学する時に(今思えばちょっと自分探しがしたかったのでしょうねぇ)やたらと札幌⇔東京を行き来したので、飛行時間は20代で100時間くらいありました。

スカイメイトというものを利用すれぱかなりお得な価格で乗れたもんですし、若かったし・・・そう、あの御巣鷹山での飛行機事故から急に飛行機が怖くなったんですね。

ダッチロールとかいった、旋回しながら徐々に落ちていくという墜落体験の想像は、私の脳の中のどこかを変えてしまいました。

それからは、飛行機に搭乗するたびに神経症状態です。
国際線の場合はもう、パスポートコントロールなどがすんだら、スタンドでビールを買ってがぶがぶ飲むようになりました。
国内線では最初は我慢していたのですが、恐怖のために握った週刊誌がべしょべしょになるようになったので、観念して、搭乗前に午前中であってもビールを一杯飲むようになりました。

これはいけないことかもしれませんが、まことに不思議なのですが、アルコールを少し取ると、恐怖心が和らぐんですね。

「それってアル中じゃないの?」という方もおられましたが、世の中、「一杯やらずにはできないこと」というものも沢山あるというのは、30歳すぎてから今日までの20年ほどの間になんとも実感するようになりました。

ただ、体質によってはアルコールが毒になる方もおられるでしょうし、上空にいくと、気圧の関係なのか、酔いが激しくなりますから、ビールワインが向かない方で、激しい飛行機恐怖症の方は、やはり、病院にいって薬を処方してもらうのが良いかと思います。

冗談ではなくて、ビールよりもよく効いて、旅行をスムーズにしてくれる薬というのはあるようですよ。

ただ、私は医療従事者ではありませんから、薬とか処方のことに関しては具体的なことはわかりませんので、あしからず、お許しください。

私は、今回もビールで行こうかな?と思っています。

必要以上の恐怖は本当に疲労するものですから、できるだけ避けたいと思っているのです。


飲みたいだけか・も・ね?☆


パナセァ

FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆
pppppppppppppppppppppppppppppppppppppp



楽天トラベル…
旅の窓口です!

Click Here!





リーブル・パナセァ
1階・旅情報のフロア地下階・文房具のフロア2階・フランス語学習書のフロア
3階・洋書のフロア4階・パナセァ文庫のフロア5階・催事のフロア





アマゾンアソシエイト













テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

米英行きの航空機への機内持ち込み制限が厳しくなっています。
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

成田空港、大きな混乱なし 米国便は液体持ち込み禁止 (共同通信)

イギリス国籍のパキスタン系の人が実行犯の中心となっての航空機を使ったテロの計画が水際でくいとめられたという事件の影響で、英米行きの航空機への持込み手荷物にかなりの制限がでているらしいです。

なんでも、機内持ち込みのペットボトルの飲料の中に液体爆弾を入れて機内に持ち込み、使い捨てカメラの構造のなにかを使って起爆させようという計画だったようです。

パキスタンから実行指令 旅客機同時テロ計画 (共同通信)

今のところ、機内持ち込み制限はアメリカやイギリス行きの便だけのようですが、それでなくても色々と検査が厳しくなっている折ですから、私が利用する便にはそれがないことを祈るしかありませんね。

というのも、テロの実行犯が乗っていて自爆テロをされてしまうと、それこそ目も当てられない、救いようのない悲劇ですが、そうでなくても、多かれ少なかれ、長時間のフライトというのは悲劇的な面があるからです。

私が長時間フライトを利用するのは、何年かにごとにフランスにちょこっと停泊に行く時くらいのもんですが、それでも、色々と試練にあっています。

どうせフランスに行くのだからエア・フランスを使えばいいだろうと、何度か使ったのですが、なんだか、ま、エコノミーだからかもしれませんが、色々とあって、やっぱり日本の飛行機に乗りたいかも~~と思いなおすようになりました。

ま、共同運航というのもありますから、全日空からチケットを買っても、搭乗するのは外国の飛行機ということもありますが、日本人CAは全日空の人なんでしょうから、完全に外国の便よりはましかな~と思います。

というのも、ここだけの話しですが、外国の航空会社の日本人CAには時として、どうにもこうにも理解できない性格の人がいる・・・と私が感じるからなんですけどね。

なんつーーか、日本人のエコノミーの客にやたら厳しい、無理難題をいってくる日本人CAというのがいまして・・・それも、離陸してからいきなり日本人をターゲットにしてきますので、こちらも日本人のCAが日本語できいてくるので、つい気を許して話しを聞くと、とんでもないことを要求してくることがありまして・・・

私は一応、自分の権利はあまり簡単には投げださないほうなので、丁寧に、しかし、はっきりと断ったりするのですが・・・

詳しく書くのはちょっと今日はやめときますが、相手が日本人だけに、断った日本人CAにサービスされるのは、飯がまずくなるというか・・・せめて離陸する前に相談してくれれば頭にもこないのですが・・・

なにを言いたいかというと、飛行機というのは離陸してしまえば、乗客は本当に弱い存在で、特にエコノミーの客はとてもとても弱い存在だから、酒飲んで寝てるのが一番といえなくもないです。

私は某英国系の一番有名な航空会社の便を利用したとき、通りかかった日本人CA(その当時はスッチャーデス)に、胃腸の調子がとても悪かったので「すいませんが、乗り物酔い用の薬はありませんか?」ときいただけなのに

「あなたはファーストクラスのお客様ですか?」ときかれ

「いいえ」と答えると

「私はファーストクラスの要員ですから、失礼します」と

目もみないでいってしまわれた・・・という経験があります。

でも、これなんか、一番軽い「怒!」のほうで、というのもこのスッチャーデスは同僚に引継ぎはしてくれたらしくて、エコノミー担当のイギリス人らしい英語を話すスッチャードが結構色々ときいてきてくれて、なんとかしのげたからね・・・

エコノミーで長時間フライトなら飲料水とかスポーツドリンクは機内に持ち込むというのは、いままでの少ない長時間フライトの経験から心がけるようになったことなんですが、

その、飲み物を持ち込めないとなると・・・

エコノミーの客にもちゃんと給水してくれるんだよね?

いやいや、しかし、そんなことは期待してはいけないのだから、事実上無理なこともあるので、自分で持ち込みたいのですね。

そもそもCAがちゃんと個人のリクエストに答えられないのが「エコノミー」の現実なんだから、エコノミーの客には搭乗口で飲料水を売るというのはどうだろうか??と思うほどです。

世の中色々な事情がある人がいて、テロに走るにはそれなりの事情もあるのかもしれないけれど、それにしても、旅行者にはとまどうことばかり増えますよね。

それにしてもロンドンで逮捕されたパキスタン系の容疑者がだいたいが英国籍だっていうのも、なんか、痛い・・・

私はふらんすかぶれの範疇に入る日本人かもしれませんが、あくまで、日本あっての私ですから、ふらんすかぶれを楽しめるのも日本のおかげだと思っています。

成田空港が気配りでやたらとチェックを厳しくしないことを祈るばかりでございます。

検査されるのにも身体の柔軟性が足りない☆


パナセァ

FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆
pppppppppppppppppppppppppppppppppppppp



楽天トラベル…
旅の窓口です!

Click Here!





リーブル・パナセァ
1階・旅情報のフロア地下階・文房具のフロア2階・フランス語学習書のフロア
3階・洋書のフロア4階・パナセァ文庫のフロア5階・催事のフロア





アマゾンアソシエイト













テーマ:飛行機(航空機) - ジャンル:旅行

フランスで働いている日本人を基本的にとても尊敬しています。
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

私は社会活動のひとつとして道新文化センターというところで「初めてのパリ・旅のフランス語会話」という旅行用の簡単な決まり文句やパリのだいたいの様子などをお話しする初心者向けの講座の講師を担当させていただいています。

そこでは、主に観光レベルでフランスにアクセスしたい方を対象としているのですが、フランスは住んでみるにも魅力のある国ですから、フランスに行きたいから参加するという方もおられることがあります。

いつも私は、ここのブログでも書いていますが、フランス語をある程度でも身に付けるには大人の方はやはり2-3年の確実な学習が必要であるという考え方です。

3ヵ月の「ABC」段階でフランスに行くのは旅行だから楽しいのであって、長期滞在にはなにか特別の助けや有利な条件のある方でないと、やはりフランス語ができなくてお行きになるのはなかなかに難しいのです。

でも、中にはフランス語なんか全然できなくてフランスに行って、現地で仕事をされている日本人の方もおられますし、そういう方にすばらしい方もおられるので、

「あなたの言い方は消極的すぎるのでは?」という感じを受けられる方もおられるようです。

確かに私は消極的すぎる面もあるかもしれませんが、なにより現在のところ私は「観光でフランスに行きたい」という方のお話しにしか、お答えできる実力もありませんし、その気もあまりないというのが正直なところです。

なにを隠そう、私が「とほほなフランス停泊」に旅立ったのは34歳になんなんとしている時でしたので、現地でまだ初級レベルだったフランス語をなんとか日本人的には中級レベルまでもっていくだけでも多大なエネルギーを使いました。

また、私にはこれといって特技もなく、英語も入門会話レベルですので、当然のごとく、私を雇いたいと申し出る企業も人もありませんでした・・・

そのうえ、2年で精も根も資金も尽き果てた私にとって、帰国というのは自然な成り行きでしたので、私の「とほほなフランス停泊」はまあ、そのレベルだからこそ「とほほ・・・」なのです。

私はフランスで立派に働いておられる多数の日本人の方々、フランスに在住されている日本人の方々を基本的にとても尊敬しています。それが簡単なことではないらしいと、耳にする機会も目にする機会もあったからです。

ですから、ほとんどフランス語が実用レベルではないのにフランスに長期滞在したいと考えられる方には、ご自身にそれなりの理由があり、ご自分の中に自信がおありなのだと拝察しております。

成人の方がご自分の判断で自信のあることにトライされるのは、それはそれでひとつの見識ではないかと私は思います。

ただ、私の社会活動においては、観光レベルでのフランス滞在(3ヵ月以内での短期の講習会なども含みます)より深い事柄につきましては、ご相談にのれる段階では、私自身がないというだけなのです。

また、単なるご相談であっても、それはあくまで、講座で受講いただいている方からしかお受けできないのは、いうまでもありません。

なぜって、私は「とほほなフランス停泊」経験者でしかないから、力もものすごくちっさいからでございます。

わかることはほんのちょっぴり☆


パナセァ

FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆
pppppppppppppppppppppppppppppppppppppp



楽天トラベル…
旅の窓口です!

Click Here!





リーブル・パナセァ
1階・旅情報のフロア地下階・文房具のフロア2階・フランス語学習書のフロア
3階・洋書のフロア4階・パナセァ文庫のフロア5階・催事のフロア





アマゾンアソシエイト













テーマ:フランスの生活 - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。