パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナントのイケメンの記憶すらない、哀しい私です~トマトちゃんから後日談~
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

トマトちゃんの「涙の理由」には後日談があります。

トマトちゃんの嘆きに同級生のフランツの彼女(フランス人)が協力してくれたのですが、なかなか良い物件はなかったそうです。

そんななか・・・

////****////****トマトちゃんのメールより抜粋////****////****////****

D家に提出した書類を返してもらいにクルスへ行ったとき、事の顛末を涙まじりに話すと意外にもクルスの担当者の人が同情してくれて、別のクルスの事務所へ連絡しておくから行くように言われました。
そこ(別のクルスの方)のかなりイケメンな担当者は、その日すぐに選りすぐりの良い物件を4~5件ほど紹介してくれました。そのひとつにとんとん拍子で落ち着けることになり、保証人も必要なかったので、何とか退寮の日ぎりぎりに契約にこぎつけることができたのです。
そのアパルトマンは立地も、条件も本当に申し分なく、ナントでの快適な日々が始まったのでした。

パナさんも「友人について」書いてらっしゃいますが、十年以上も会ってないとだんだん音信普通になってゆく人たちが多いですよね。
現在、パナさん、シマさん以外にナント時代の友人で私が未だに連絡をとりあっている人が何人かいますが、その中には、あのインド人研究者のサラ、フランツの彼女、その両親と、あの下宿先探しの一件で親しくなった人たちが含まれています。
しかし、彼女達がこんなに長くかけがえのない友となるなんて、あの時は全く予想していませんでした。

女の友情をたくさん手にした私!!!しかし、残念なことに、クルスのイケメン担当者とはその後何にもありませんでした・・・。

////****////****トマトちゃん、merci beaucoup!! ////****////****////****

なるほど、クルスにもイケメン担当者がいたのですかね?

私は当時は疲れ果てていたので、どの顔がイケメンかも判断がつかなくなっていたので、本当に記憶が曖昧です。

最近、ブログなどで「フランス人と結婚している私」というタイプのものの「なれそめ」を幾つか読むと、皆、フランス語なんかできなくて、孤独で「可哀相」な雰囲気でひとりでブラブラしている時にであった「行きずりのフランス人」と恋に落ちたりしているんですよね~~

フランス語なんか真面目に勉強せずにフランスになんとなく行ってしまおうとする日本人の方が多いのも頷けるようなエピソードがネットには溢れていますよね。

でも、失敗した人はネットには書かないと思うのですけどね?

失敗談を載せていないブログなどは「どうせ宣伝ジャン?」と疑ってしまう私も、50前にして根性悪杉でしょうか?(笑)

トマトちゃん、また、ナントのイケメンの話し、書いてくださいね~~

ワタクシ、この手のネタは持ってないのよ~(^_-)-☆


パナセァ



大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






スポンサーサイト

テーマ:役にはたたないフランス情報(ナント市) - ジャンル:海外情報

フランス停泊で一番悩む住居探し~「涙の理由」~欧米人を探しておいでなんですか?~
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

今日もトマトちゃんからの原稿の続きをアップしますね。

////****////ここからトマトちゃの原稿「涙の理由」のつづきです****////****////

ナント大学の夏期講習も残すところ数日となり、退寮の日まで一週間を切ったある日の夕方、
D家の夫人から寮に電話がかかってきました。
内容は、私を下宿人として受け入れられなくなったというものでした。
私の保証人になってくれたT市のA夫妻に電話したところ、保証人になることを拒絶されたと言うのです。
ヒアリングには自信がなかった私ですが、彼女はゆっくりと何度も繰りかえしたので間違いありません。
私の脳裏に保証人になることに難色を示したA夫人の顔がよぎりました。
その夜、A夫妻に電話をしてそのことについて聞いたところ、D家からは電話などなく、もしあったとしても、そんなことを言うはずがないと夫人に否定されました。書類に記入し、サインまでしてくださったのだから、確かにそうです。
A夫妻は「嘘をついている」とD夫妻を非難し、次の下宿先に保証人が要るようならまた書類を持ってきなさいとまで言ってくれたので、私は疑ってしまったことを少し恥ずかしく感じました。

何故そんな嘘をつくんだろう・・・?あと一週間もないのにどこに住めばいいんだろう・・・?
このときはパナさんとシマさんに涙ながらに愚痴ったと記憶しています。
2人と分析した結果がまた私を落ち込ませました。

「D夫人は欧米人の下宿人を探していたのではないか?」ということです・・・

D夫人は尋ねてもいないのにD家の貸し部屋に以前住んでいたのはオーストリア人、その前はイギリス人と言っていました。
そして訪問からしばらくはJJのことを下宿人と勘違いし、私が下宿を探していることを知った後もJJにいろいろ聞いていた・・・。
JJは大学からの交換留学生だったため、在学予定期間の寮の部屋は確保されているとその時話していたのも覚えています。
見慣れない黄色い肌と黒い髪、何をしでかすか分からないアジアの留学生、とあの時の私は彼らに査定されたのでしょうか?
自分ではどうすることもできない壁というものがこの世にはあるんだ・・・。
この国では私は絶対的にマイノリティーだと彼らは突きつけたんだ・・・。私はショックを受け、そして途方にくれてしまったのでした。

残り数日となった大学の夏期講座は、合計5名という超少人数クラスでした。
全くフランス語も英語も話せない同い年くらいの韓国人女性が2人、医学博士で大学の研究者をしている中年くらいの印度人女性、もう一人は同い年のドイツ人男性で、名はフランツ。彼はフランス人の彼女とバカンスを過ごすためにやってきたお気楽な医大生で、消去法で彼が一番クラスでは話しやすい存在となっていました。
わたしから出る強い負のオーラを察知した彼は放課後何かと話しかけてきてくれたので、私はしょんぼりと昨日起こった出来事を話しました。
彼はD夫妻の仕打ちに激怒し、明日からフランス人の彼女と一緒に下宿先探しに協力してくれると言ってくれました。
もう一人、残って話を小耳にはさんでいる人がいました。インド人研究者のサラです。彼女とはあまり話したことがなかったのに「だからフランス人って嫌い!」と怒り狂い、知り合いに頼んでみるとまで言ってくれました。
思わぬクラスメートの励ましにすこし明るい光が見えたような気がしました。

////****////****////****トマトちゃんMerci beaucoup!!////****////****

私もそのうち書くかもしれませんが、フランスというか欧米には「欧米人しか好きではない」という人々が一定の割合でいるようです。

最近のフランスの政治とか見ていても、日本人にも、それは充分、常識の範囲内でわかると思います。

でも、現実に目の前でそれをいわれたり、そんなことが自分に起きたりすると、「もしかして?」と思うだけで、とても「恐怖」を感じるものです。

トマトちゃんも怖かったと思います。

私も未熟で充分に相談にのれなかったのは申し訳なかったと思います。当時の私にとっては、トマトちゃんの側で話しを聞くくらいしかどうしてよいのかわからなかったのです。

ただ、トマトちゃんのこの話のようなことはやはり私自身にもありました。

つまり、私も「欧米人しか好きではない」フランス人と対面する機会もあって、その時に「ああ、やっぱり」とトマトちゃんのエピソードを思い出したものです。

これについては、色々と書いたり、話したりしたいことがありますが、中々、簡潔にはできないです。

フランス人やヨーロッパの人々がかなり自分の国やヨーロッパという地域に結びついて暮らしているので、ある程度理屈としてはわかるのですが、人間には「感情」がありますから、自分がその中にいると、本当に辛いことも多いのですね。

トマトちゃん、本当に原稿を書いてくれてありがとう。

また、宜しくね(^_-)-☆


パナセァ

大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






テーマ:役にはたたないフランス情報(ナント市) - ジャンル:海外情報

トマトちゃんのナントでの部屋探し~涙の理由~
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

先ごろのアップ記事で、パナの記憶でのトマトちゃんの部屋探しについて書きましたが、

ことの詳細についてトマトちゃんから原稿をいただきました。

10年以上前のこととはいえ、私も随分と記憶が曖昧になってしまっているので、本当に助かりました。

****////****////トマトちゃんの原稿「涙の理由」****////****////****////

パナさん!忘れちゃったんですか?実はあれはパナさんも少々かんでいる事件だったんですよ!

そう、フランス語初級者に毛の生えた程度の私にとって、家探しは最初の難関でした。

ある日、クルスで物件のカードを見ていた私にパナさんが、「これ、どう?けっこういいかもよ。」と手渡してくれた貸部屋情報がありました。
それは、フランス人家族が住むアパルトマンの一室を貸してくれるというものでした。
場所もCentre Villeで便利そう。できればフランス語の上達のためにフランス語を使う環境を欲していた私はすぐにクルスの担当者の人に頼んでrendez-vousを取り付けました。

約束の日、心配したアメリカ人女子大生のJJがついてきてくれました。
時代を感じる重厚なアパルトマンの3階に玄関があり、小柄なマダムと太ったムッシューが出迎えてくれ(D夫妻としましょう)、案内してくれました。
玄関ホールがが広めにつくられていて、そこから螺旋階段で4階に上ります。4階に上がったら突き当りがミニキッチンとシャワー室、両側には二つの部屋が向かい合っていて、ひとつは貸し部屋、向いは大学に通うこの家の娘さんの部屋でした。
こじんまりした部屋は学習机もあり、すぐに生活できるように整えられていました。
部屋を見た後、私たちはリビングに通され、少し話をしました。円形のリビングは天井が高く、モールディングがきれいで、「こんなところにすめるなんて何て私はラッキーなんだろう!」と夢心地で、是非ここに住まわせてくれるように夫妻にお願いしたのです。
それにこの家の娘さんは良い話相手になってくれるかもしれない・・・とそんな期待も胸にJJとそこを後にしました。

さあ、物件が定まったのであとは契約です。
クルスの物件にはフランス人の保証人を必要とするものがあり、D夫妻の物件にも必要でした。
私はT市に住む以前の下宿先のA夫妻に保証人になってくれるよう、電話で頼むことにしました。
私がナント大学へ行く前に通っていたT市の語学学校とは、学費の高さと日本人の多さで有名な学校で、そこが紹介してくれた下宿先も割高なものでした。が、私はフランスへの足がかりとして割り切ってそこに滞在したのです。
幸いにもA氏が引き受けてくれたので、その週末、私はナントから電車で2時間くらいのT市へ彼らを訪ねました。
A夫妻に再会した私は、私にしては張り込んだチョコレートの箱を渡し、保証人の書類を出しました。
マダムは渋っていましたが、ムッシューが「トマトは3ヶ月間きちんとお金を払ったじゃないか。信用してやれ。」ととりなしてくれ、書類にサインをしてくれました。私は2人に丁寧にお礼を言って、絶対に迷惑をかけないことを約束し、疲れきってT市を後にしました。
そしてすべての書類を提出し、家探しが無事終了したと胸をなでおろしたのです。
本当の家探しがそこから始まるなんて知らずに。

後半につづく・・・

****////****////トマトちゃん、Merci beaucoup!!****////****////****////

トマトちゃんの原稿を読んでいると、あの頃のことが、まざまざと甦ってくるのを感じます。

ずっと会っていない、トマトちゃんが、まるでそこにいるようです。

次回(後半)もトマトちゃんの原稿でアップしますぞ☆


パナセァ

大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






テーマ:役にはたたないフランス情報(ナント市) - ジャンル:海外情報

長い時間~フランス人が友人を語る時~
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

15年くらい前、まだ知人になったばかりのフランス人がその人の友人を懐かしむ時に「彼とはもう○年のなじみだ」というのをききまして・・・

フランス人と友達になるには時間がかかるだろうなぁ・・・と想像しました。

本当にその通りで、「とほほなフランス停泊」で作ったつもりのフランス人の友人・知人も今では非常に数が減りまして、

まぁ、人生そんなもんなんですが、

ナント時代の友人がスペイン人と結婚していて、既に一男あったのですが、昨年暮れに「姫」も誕生していたことがわかりました。

14年の付き合いのになる・・・女性です。

なんか感慨深いです。

時間は流れて、私だけ残ってしまったようでいて、

ちゃんと、私にも時間は流れているんですよね。

ナントのことをもっと色々思い出したくなりました。


友達は手をかけ、時間をかけて大切に☆


パナセァ

大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






テーマ:役にはたたないフランス情報(ナント市) - ジャンル:海外情報

フランス停泊で一番悩む住居探し~フランス人は欧米人なので…~
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

クルスで部屋探しをするには・・・

ナントの市内とか近郊が地図の区域毎に分かれていて、それぞれにカードの箱があり、そのカードに書いてある内容が自分の探しているものに適していると思えば、窓口に持っていって登録して、ランデブーを取るという形式だったと思います。

フランス語の「rendez-vous ランデブー」というのは日本で使われているような「恋人同士のデート」の意味よりははるかに広い意味でして、人と人が会う場合、必ずする約束のことですから、まぁ、「待ち合わせの約束」という感じでしょうか?

クルスの良いところは窓口の係員の人と直接話せるので、たとえば、電話などを自分でかけられないような場合(1994年当時は携帯電話は普及していませんでした)、事務所から係員の人がかけてくれることもあったということでしょうか。とにかく、外国人といえども、いったん、自分の学校の授業に登録して学生証を取得した人にはできるだけリーズナブルなサービスをしてくれるのがクルスというところの特徴のようでした。

勿論、フランス人(欧米人)と日本人では考え方が違うので、色々と思惑が食い違うということがありますが、大抵は、私やトマトちゃんのように留学生ともいえぬような「遊学生」の勉強不足からくることであり、まぁ、時が過ぎれば「なるほど」と良くも悪くも腑に落ちるようなものでした。

そうそう、ある物件のランデブーの後、寮に帰ってきたトマトちゃんがシクシクと泣いていたことがありました。

ランデブーで、どうも、彼女が日本人なので、控えめな表現をするところに、欧米人の威勢が良い人とかちあってしまったようで、家主さんがトマトちゃんをあまり手厚く扱えなかったことが原因のようでした。

トマトちゃんのフランス語力は当時は「できる雰囲気」を醸し出せる程度であったので、実際にはわからないで頷いていることもあったと思います。

つまり、それなりに日常会話はできるのだけど、ガチンコで生フランス人と対決してなにか物件をチョイスする時などには、まだまだ心もとない状態だったのだと思います。

トマトちゃん、ごめんね~~

でも、私もそうだったんだよね~~

ベラベラッとしゃべられた時には辞書も引けないもんね。

でも、あれも、良い経験になって、トマトちゃんはもう忘れているかな~~?

忘れているといいなぁ☆


パナセァ



大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






テーマ:役にはたたないフランス情報(ナント市) - ジャンル:海外情報

フランス停泊で一番悩む住居探し~嗚呼、フランス語、フランス語~
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

昨年はフランスの大学にはCROUSという組織があって、学生の福利厚生を担当しているらしいということまで書きましたが・・・

年末年始にネットで現在フランスに留学している方の日記や雑談を読んで回っていたら、現在もやはり「クルスでは~」という枕詞は健在のようでした。

それにしても、ネットで色々と情報交換できるというのは非常に便利ですね。まぁ、今朝のH道新聞のコラムにあったように、ネット上で「仲間内で盛り上がっているのり」で匿名で色々書きすぎてしまって問題になることもあるようですが・・・フランス情報といっても、匿名で書いてあるものは主観も強くなるでしょうから、それほど正確ではないことがあるのは勿論のことでしょうね。

私がトマトちゃんやシマさんのことを色々と書けるのもお二人に「書きます」宣言しているからなんですよね。それがなければ、葛藤が多くて、文章が支離滅裂になってしまうでしょうな(今でも充分めちゃくちゃっぽいですけどね)?

私とトマトちゃんはナント大学にあるクルスの施設で大学に寄せられる住居案内というものに接することができまして、その情報を多いに利用しました。

といっても、そこでも、施設に行くにもフランス語、施設の人ともフランス語、住居募集の掲示もフランス語、家主さんとのランデブー(会う約束)の交渉もフランス語・・・そして、家主さんと会っても尚更、ひたすらフランス語ということで、

本当に当時の私にとっても、トマトちゃんにとっても、しんどいことではございました☆


パナセァ


大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






テーマ:役にはたたないフランス情報(ナント市) - ジャンル:海外情報

自分の勉強だけは地味に続けたいと願う~une vie totale~とほほフランス語でも
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

ここのブログに来てくださっているすばらしい皆様、
あけましておめでとうございます。

このブログには今年も「パリの地図・フランスの地図」として、地図の読めない方向音痴の日本人である「私」がいかにしてフランスやフランス語にアプローチしたか、あるいはできなかったかを、

できるだけ、「実用的な失敗談」を交えて適当に書く・・・というコンセプトで行きたいと思います。

この世の中、なんでもかんでも「宣伝」とか「利益」とか「現金」というイメージに塗りこめられていてびっくりすることもあるけど、私だって、へたれながら、自分可愛い主義で今年こそは生きたい・・・と思っています。

私がフランス語をとぼとぼと続けているのは、一重に生きていくことの励みになるということからですが、これは、「楽してウヒョヒョ♪」という考えとは真逆の諦念から私に身についた習慣であるので、

「勝ち組」になりたい人はまねないほうがいいです。

私の社会活動も自分ひとりすら養えない、経済活動としては成り立っていないものなので、人生そのものをギャンブルにしたくないひとは

「私もフランス語の社会活動をしたい」なんて夢にも考えないほうが良いでしょう。

フランス語の社会活動を日本でする場合、98パーセントくらいは経済活動としては成り立たないものですし、ボランティアでやっても当然とされる傾向があるのは驚くほどであるからです。

そして、この場合のボランティアというのは「ただでやってくれ」というものの場合が多いので、

これは、流石にこのバカ丸出しの私も手をださなくなりました。

というか、本当はボランティアってもっと違うもんなんですけどね・・・

まぁ、そんなことはさておき、

私は今年も自分の勉強だけは地味に続けたいと思います。
それが「とほほフランス語」でも、自分の生活だからいいんです。

そして、自分の生活がなんとか回っており、尚且つ、私の意図が極度にねじまげられることがない限りでは、今年も社会活動もやっていきたいと思っています。

勿論、やる限りは一所懸命にやるのはあたりまえですから、講座に来る方、心配しないでね(^^☆

今日が社会活動初めです、でかける準備でもしましょうか?☆


パナセァ

大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






テーマ:外国語学習 - ジャンル:学校・教育

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。