パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランスにほれているか?~ある親方のはなしから~
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(地図)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)[Folded Map]
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図を60に区分したポケット版
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps: Paris Atlas (Map No 11))
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

社会活動で道内のとある都市まで列車を利用するのだが、その中でちょっと遅れた週刊誌(北海道は発行自体が遅れているのに買うのも遅れてしまうので)を読むのが楽しみである。

この前のには昔宮沢りえちゃんとつきあっていた大物力士であった人が親方となって「横綱に必要なもの」について語っているのを読んで、ちょっと胸打たれた。

まず、横綱になるには365日の精進と信念が必要であり、かつ実行して品格を保つように自分を磨き続けなくてはならない・・・

と、いうはやすし、しかし、立派なスポーツ選手は皆、実行していることであろう。

特に「信念」というのが、なにがなんでも目標をみつめて一生努力するに値すると自分で信じることが必要・・・

というのは何事でも、基本的なことではあるがとても難しいことなので、感心してしまった。

この親方は相撲の品格のために色々なことを乗り越えてきて、これからも乗り越えていくために常に前をみているのだな、と、まぁ、ちょっと安心もした。

本当に彼がその信念を貫けるといいのだが。

翻って、ワタクシのフランスへの愛はどうであろうか(*^_^*)

一生フランス語から離れないという信念は貫けているのであろうか(*_*)

まぁ、毎日Bonjourくらいはいってますが、精進というレベルではない。

煩悩だらけで五十路なのを理由になまけてばかりである。

(+o+)あ~、忘れるってことだって、いいわけにしかすぎないよね。

まず、フランスにほれていないといけないわけですが、
というのはほれてないと表面のことだけですぐに利益優先になって
そこだけで終わっちゃって、結局不満になっちゃうからね。

フランス語を長く続けるにはフランスにほれていることがとても大切とおもひます☆


パナセァ


大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック



お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)



スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

モンマルトルの下町情緒?~18歳の方の感想~
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(地図)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)[Folded Map]
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図を60に区分したポケット版
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps: Paris Atlas (Map No 11))
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

夏休みシーズンなもんで、有給休暇が取れた方や学生さんなどでパリ旅行に行かれる方が社会活動のメンバーの中でもめだちますね。

皆様、「初めてのパリ」も「2度目のパリ」も大満足のようで、さすがにパリは観光都市としてはとても魅力があるのだな~と感心してしまいます。

私の知る限りの方は「パリは一度では満足できない」とおっしゃいます。

最年少の18歳のメンバーの方がご両親とパリに行かれたのですが、モンマルトルを昼間とはいえおひとりで歩かれて色々な感想をもったということです。

「モンマルトルという下町情緒という美名の中に近隣の大人向けのショップなどの存在が交錯していて興味深かった」
というなかなかの洞察力でした。

若い方の感想というのは本当にありがたく、言葉も素直ですから、そこから五十路の私も色々と考えることができてうれしいことです。

パリのファンが増えるのはうれしいです☆


パナセァ


大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック



お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)



テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。