パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンティークなコパン家
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(地図)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)[Folded Map]
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図を60に区分したポケット版
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps: Paris Atlas (Map No 11))
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

いやはや、ずいぶんここを放置してしまいまして、どうもすみません

とにかく、私は20世紀の末のある晴れた日にコパン家の車に乗って、
ナント市郊外のサンマールのコパン家に連れてきていただいたのでした。

大きな家でした。

トラックがある納屋?があるのが印象的でした。
後できくとここのご主人のブラーヴは家を作るひとだったもので、
そういう大型車両のことごとくを運転できるみたいでした。

さて、家の中なんですが、
全体的に
「憧れのエレガントな家」という雰囲気でした、マジで・・・

別に高級品があったというのではないのですが、
趣味が・・・アンティークではないのですが、
日本からぽっとやってきた私には
アンティークに感じられるヨーロッパ趣味の家具、

特に居間の柱時計などがでかくて超ステキでした。

ダイニングのでかいテーブルも
「招いて、招かれて」というフランスの生活でも
ばっちりのすばらしさで、
食器棚がまた大きい・・・

グラスとかがたくさん置いてある。

長く東京でワンルームな悲惨な生活をしていた私にとって、ガラス食器が2つ以上並んでいるのは、
とてもロマンチックでしたね。

ものすごく大きな子供の顔の写真が貼ってある部屋にエレクトーンがあって、

「このちとらはだれでちゅか?」とききますと、

ローズが

「ジニーとプランスよ」と
自分の子供たちの写真である、これはだれそれはいくつのときのことである、、、
などなど、
外人向けながらマシンガントークに聞こえる説明。

よくわからないのだが、
あまりに異文化なので
ひたすら感激していました。

ちなみに私にとって、欧風というのが「異文化」というよりも、
ローズの威厳にみちた家族自慢と
開放的で広いコパン家のようすが
とても印象的だったということです。

そして、ごはんタイムになるのですが・・・


おお、今日はここまでしか書けません。


続きます☆


パナセァ


大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック



お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)



スポンサーサイト

テーマ:役にはたたないフランス情報(ナント市) - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。