パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コパン家での夕食の前菜
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(地図)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)[Folded Map]
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図を60に区分したポケット版
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps: Paris Atlas (Map No 11))
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

なにせコパン家に最初にいったのはだいたい1994-5年あたりなので、さすがになにを食べたかまでは覚えてないんです。

しかし、最初が「噂通り」前菜から始まったのは「なるほど」と思いました。

皿とカラトリーはそれぞれの席にあって、大皿とか大きなボールにはいった料理が回ってくるので、それをマダムの位置から円状に回すのです。

最近のコパン家は少人数になったので、回すというほどではなくなったのですが、当時は確か?逆時計回りに回していたと記憶しています。当時はダイニングのテーブルも威風堂々として長方形の大きなものでした。

でも、そんなことはいいのです。

前菜には白ワインだったということが大切です。
でも、赤のときもありました。

フランス人の家庭で本当にフランス料理を食べているということは、私にとってはやはり夢のようであり、最初のときはさすがに気づかれしたとはいえ、とても貴重な体験でした。

前菜はサラダのこともあったりします。

料理のいれものは空になるまで2回くらい回すのがふつうでした。

いずれにしてもコパン家のローズは大変な料理家なので、いつも前菜からとっても美味しかったのです。


今もですが☆


パナセァ




大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック



お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)



スポンサーサイト

テーマ:役にはたたないフランス情報(ナント市) - ジャンル:海外情報

コパン家での昼食ではなくて夕食
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(地図)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)[Folded Map]
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図を60に区分したポケット版
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps: Paris Atlas (Map No 11))
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

またまた時間があいてしまいました・・・

コパン家に初めて行ったときは多分週末で泊まったと思います。

私は基本的にひとりでないと生活できない性質なんですが、当時(1995年頃)のコパン家は客用の寝室があったので、ひとりで泊まれるのでOKしたのです。

だから、この前のだいぶ前に「昼食」とか書いたかもしれませんが、実際は夕食ですね。
それを取らせていただいたのでした。

これはまずは居間、リビングから始まるものでした。

シャンパンとリキュールの瓶が並んだトレーを用意して、長細いシャンパングラス、フルートというんですが、これに食前酒を作ってくれたことが昨日のことのようです。

カシスと桃のリキュールがあって、好きなほうを少しグラスにいれてからシャンパンを注ぐのです。本当にきれいなシュワシュワした楽しい飲み物でした。

小皿をくっっけたようなアミューズグルのトレーにいろいろなナッツとかクラッカーみたいのをおいてくれて、それをつまみながら食前酒なのです。

緊張していた身体も心も少しずつほぐれてきます。

心なしかコパン家のひとびとの言葉も少しはわかる気がします。

子供たちの小さいころの写真をたくさんもってきてみせてもらいました。

自分の小さいころの写真って初めてのお客にみせられたら、多分自分ならいやだろうなと思いましたが、その当時、私はとにかくフランスに来たからにはここで死んでもしかたないので、とりあえず、自分のもっているものでできることはすべて体験したり学習したりしようと決心していたので、すべてまるまま受け入れたものです。

ジニーも弟のプランスも態度こそ若者らしかったですが、そういう親のすることには文句はいわず、私に対してもとても礼儀正しかったですね。

あ、当時のコパン家のリビングの柱時計は本当に素敵でした。

リビングの応接セットも「ブルジョアか!」とつっこみたくなるくらい、エレガントで私の好きなものでした。

あ、また、食前酒のところでおわってしまいます。

すみません☆


パナセァ



大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック



お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)



テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。