パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランスの電気代は安いから安心だよ・・・といわれた記憶
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(地図)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)[Folded Map]
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図を60に区分したポケット版
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps: Paris Atlas (Map No 11))
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

この記事の内容は1995年に私がパリでステュデットを探していたときの記憶の断片です。

家主候補の青年が私に「他になにか質問がありますか?」

私「ここはフランスガスとフランス電気の契約を自分ですればいいんですよね?」

青年「あ、ここはフランス電気だけです」

私「ああ、オール電化というやつですね」

青年「あ、でも心配しないで、フランスは原子力発電がすごくいきわたっているので、電気の値段がとても安いから全部電気でも心配ないです」

おお~~、びっくりしたな~もう(^_^.)。

私としては、二つ申し込む必要があるかきいただけだったのにね。

それに、電気でもなんでも払うのが私なのだったら、高いとか低いとかは家主候補には関係ないじゃん、、、とも思った記憶があります。

東京でアパートを借りた経験からかなり理不尽なめに慣れているので、個人が払うものにまで言及してくる姿勢に軽くおどろいたのだ。ちょっと親切だな~と。

そして、「原子力発電だからね」というフランス人にもびっくり。

まぁ、そうなのだけど。フランス人もあまりよく原子力発電についてわかっていないのだと、今になって思います。

そういえば、もはや20世紀の記憶なんだね。

しみじみ☆


パナセァ


大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック



お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。