FC2ブログ
パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナントのホテルでの体験~パナの場合~
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

前回はトマトちゃんがナント上陸をした時のエピソードでした。

私(パナ)の場合は、1982年に確かにナントに上陸しているのに、その時の資料も記憶もほとんどないということがどうにも後ろめたくて、恐る恐るのナント入りでした。

当然、駅からそんなに遠くはないが、タクシーを使っても運転手さんにぶっとばされないくらいの場所を「地球の歩き方」でチェックして予約しました。

私は根本的にはバカでドジですが、流石に単身で他国に乗り込むのにそこの言葉が全く使えないのはアウトということ(世話人なしでは・・・ということですが、お嬢様、お坊ちゃまのために、念のため(^^ゞ)を

なんとなく知っていたので、ホテルの予約とか授業の申し込みくらいは紋切り型でも読み書きはフラ語オッケーだったんです。

でも、あれっすね~

ホテルというのはいってみないとわからないものです。

その「カリプソ(今はない)」というホテルはフロントが日本式の2階で、階段が超ハードで、思いスーツケース持ってた私は2階までいくのに往生しました。

ひとつ星だったんでしょうがないですが・・・

ホテルのフロント兼、朝食用スペースにはアジア人の男の子がいてしきっていたのですが、かなり感じが良い人で、対応も丁寧でしたので

旅人「パナ」も人間としてひとごこちついた感じでした。

部屋のことなんかはスルーね。
これは今はカンケーないから。

問題というのは朝食の時間におきたのでした。

私が「新潟米でさくっと焼き上げたせんべーのようなバゲット」をいぶかしりながら齧っていると、

くだんのアジア人ホテリァーが人を追いかけている。
それも、白人のオネーチャン、なんだか2人で盛んにいいあっているが
私にはその内容はちんぷんかんぷんだった。

ぼんやりしていると、
アジア人ホテリァーはもどってきて

「いえいえ、あなたには関係ありませんよ」という身振りをしつつ

「彼女は宿泊料金を踏み倒したんだ」とおっしゃる。

ひぇぇぇぇぇぇーーーーーーっ

泥棒か!

と、私がびっくりして

「追いかけないのか?警察は?」

というと、

「多分、ムリだから、いいんだ」

という。

さすが、フランス、外国だな~~と
最初からぶっとんでしまいました。

今から思うと、
アジア人ホテリァーには
警察に持ち込んでも相手にされなかったとか
証拠不十分でうまくいかなかったとか
犯人が全然みつからないとか

過去にも色々あったのかもね~~

このホテルはトマトちゃんが後にお住まいになる高級アパルトマンの近くにあったのだけど、

ほどなくつぶれてしまったらしい・・・

「あ、パナさんが泊まったっていってたホテル、あそこ、別な店が入ったみたいですよ~」と教えられたのはわりとすぐだったような・・・

ホテリァーが無銭宿泊者に狙われたのかな~~

もう、15年近く前のことだけど、今でも気になる
パナのナントの宿でした。


私はちゃんと払ったよ~☆


パナセァ


大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
【楽天市場】本・雑誌・コミック
FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。