パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レベルわけテスト~フランス式フランス語理解度計測法~
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

もう今ではそれがなんという場所だったのかすら、曖昧になってしまったナント大学のある場所で、1990年代のある夏の日、クラスわけテストが行われたのでありました。

それは、夏期講座のクラスわけだったので、とりあえず、「なんとかフランス語は使える」と「ちょっとフランス語ではコミュニケーションムズカシそ~」という2つに分けるだけのテストでした。

というのは、その当時のナント大学の外人用のクラスは1から6までレベルがあって、1-5は半年コースで6のみ通年コースだったのではありますが、それはまあ、全ての人が夏期講座に参加するわけではないので、とりあえずのクラスわけだったのです。
(夏季講習参加者には正規の留学生なども含まれることができました)

これが4コマ漫画みたいのをみせて、フランス人の先生に「これはなにについて描いてありますか?」的な質問を受けて口頭で答えるというものだったと記憶しています。

私は疲労困憊していたのですが、三十路を越した人間のコミュニケーション能力でなんとか「使えるんちゃう?」の方に振り分けられました。

しかし、このテスト方式は、日本でいかなる難解な試験をクリアしてきた優秀な日本人をも精神的に打ちのめす「口頭コミュニケーションでフランスに適応しているかを試す」という、アレなテストであったことは否めない。

なによりの証拠にシマさんは・・・いや、その場面ではまだお互い日本人であるということすら知らなかった、あの、フランス語の使い手のシマさんも・・・このテストの後でグロッキーな青ざめた顔で教室をでてきていたものなのであった・・・

つづく☆


パナセァ

大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。