パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランス語講座ではあまりいわないフランス語の学びの基礎について
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

今、学校へ行かないでフランス語を習得するとか、インターネットの映像や音声でフランス語を勉強するとかが、かなり情報としてあがってきていると思います。

ただ、インターネットの情報もかなりの部分は情報発信者の都合で書かれていますので、無料のものなどにはそれを利用するにはそれなりのベースが必要なものがほとんどです。

たとえば、有名大学などがすばらしい教材をネットに無料公開されており、多分、ご自分の学校の学生さんのためなのでしょうが、教材はすばらしいけれど、たとえば、フランス語に憧れている段階の方には難しすぎるということがあったりします。

勿論、英語、スペイン語、イタリア語などを既に学習されていて、尚且つ、自学自習するノウハウを習得なさっている、学習能力が充分にある方ならば、フランス語の勉強自体は初めてでも、ネットの教材はそれなりに使用できるものになるでしょう。

また、フランス語学習を休んでいる初級文法を修めた方には実践能力をつけるためにはネットの教材は非常にありがたいものでしょう。

しかし、フランス語の基礎固めは語学の習得経験がない方がひとりでできるようなものでは普通はありません。
というか、短時間ではできない可能性が高いということです。

何度も繰り返すようですが、できる方はおられます。

普通、忙しい社会人の方がフランス語の基礎固めをしたい場合にはある程度のメソッドに沿う形である程度の長さの学習をされるのが推奨されるということです。

仕事が忙しい毎日を送られている社会人の方は、特に「勉強力」というか、「学習方法」の勘を取り戻すためにも、なんらかのメソッドを試してごらんになることが大切なのです。

新しい年に向けて、フランス語を始めようとなさっている方を応援しています☆


パナセァ


大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






スポンサーサイト

テーマ:外国語学習 - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。