パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナントでのアパルトマン契約の道のり~パナの場合~①
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

以前にも書いた通り、私はナント大学のクルスに登録されていたカードからアパルトマン(アパート)をみつけたのですが、物件自体は決めるにあたっては、トラムの駅から近く、授業をする場所まで原則30‐40分で行ける場所という目安があったので、それを守りました。

私の場合、年齢もそうですが、ちょっとだけ足が悪い(階段が降り難いくらい)ので、色々な面で移動がバリアフリーな物件が望みだったのですが、丁度良いアパルトマンがあったのです。

しかし、この物件も1年間住んでいる間には色々ありました。
でも、フランスではこんなのは当たり前なので、今は割愛します。

なによりも幸運だったのは、持ち主が非常に善良な人だったということです。
ワイン農家の方で、物件は子供のために持っているが、原則使っていないというもので、ほとんどまっさらでした。

最初にランデブーを取ったときも、女性(姉妹)が二人来てくださって、言葉が不自由な私に辛抱強くつきあってくれました。

物件は家具付きだったのですが、その現状確認も私は大変でしたが、持ち主の方はとても親切でした。

問題は、その物件がまっさらだったので、色々な手続きを自分でしなくてはならなかったことですが、それはフランスに本当に停泊したいと思ったら避けて通るとこはできないことなのでした。

こういう場合、語学力は初級の終わりくらい(仏検なら準2級か2級くらい)ギリギリでも、手続き自体はなんとかなるのですが、なにしろ、フランス流に慣れるのはフランス生活の初心者にはしんどく感じられるのが普通ですから、言葉ができても、辛い人には辛いことだと思います。

私も夏期講座にでられないくらい色々ありました。


そのための夏期講座?☆


パナセァ


大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック



お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。