パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランスのコインランドリーに初めていったとき~Laverie automatique~
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

ナントにとほほ滞在していた1994年頃は学生身分の外国人は大抵洗濯機などは専有できなかったもんで、コインランドリーを使わざるを得ませんでした。

私のアパートは比較的大きな洗面台だったので、シャツや下着の類いは手洗いして、洗濯物用のハンガーをシャワースペースに立てて干していました。

フランスではベランダみたいなところから外に干している人はほとんどいないようでしたが、中庭に面した窓にはジーンズとか干してあったりはしましたね。

問題なのはリネンの類いでシーツが上と下2枚がワンセットで、しかもマットレスがセミダブルだったのでリネンのサイズが大きくて、洗面所ではムリなので、路面電車で2つ先にあるコインランドリーで洗濯してました。

Laverie-automatique ラヴリ オートマティック っていうんですね。コインランドリーのことですが。

私がいっていたところでは、所有者の方が接客のように店にでていて、大きなものを乾燥させたのをたたむときに手伝ってくれました。

二人組になってたたむと大きなリネンもきれいにたためるのです。

パリではなかったマンパワーのサービスですが、なかなかありがたかったです。

そこのラヴリのマダムは私がスーパーに買物にいっている間に乾燥機からリネンを取り出してたたんでくれたこともありました。

お客の間でもちょっとした会話があり、雰囲気はよかったです。

ナントの人は正直で親切というのは、私の場合、コインランドリーでもよく感じました。


また、ナントを褒めてしまった~☆


パナセァ


大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。