パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリの内容も日々変わっている~橋は33あるらしいが~
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

以前「パリ市内のセーヌ川には約30の橋が架かっている」とか「パリには複数の駅がありパリ駅というのはない」などの数字が漠然とした旅行ガイドがあって、フランス語の数字は難しいけれど、やはりその影響なのかな~(笑)等と思ったこともありました。

しかし、実際にある一定の期間、長くはないとはいえフランスに停泊してみて、特にパリに停泊してみて、この街は伝統をしっかり守っていながら、かなり色々と改革というか、チェンジしていくことには果敢な街である・・・という印象を持ちました。

その後、典型的な日本人である私は日本でなくては生きていけないと悟り日本で暮らしていますが、自分の住んでいる街(私は札幌市在住です)の変化には無頓着でいても、たまに訪れる街の変化にはハッとさせられることが多いです。

って、パリなんですが・・・数年に一度数日は行くように努力しているのですが、とにかく数日でなにをしているかというと、色々とパリのあちこちが変わったらしいのを感じてくることなんですよね。

数日で全てをチェックすることなんか不可能なくらい、私の守備範囲の狭い意味でのパリの観光地でも色々なことが変わってきています。

まず、値段ですかね(爆)

ユーロ高いですが、それにしても昨今のパリではショッピングにもグルメにも興味が低くなっている私ですら、「あ、穴あいた靴下捨ててパリで買ったらいいよね」とは気軽に思えないくらいパリは物価高らしいです。

ネットの知り合いの最新情報では乾電池すら日本の5倍くらいすることもあるらしい・・・

パリ旅行に行かれる方は地図の橋が30くらいというのが実際は33くらいだったとしても、まぁ、面白いくらいで済むかもしれませんが、

靴下やパンツを現地で買ったり、ちょっとまともな昼食を取っただけで財布が軽くなるのには、本当に頬がひきつるかもしれません。

ま、お金持ちのあ・な・たには必要ないおせっかいかもしれませんが、

パリの色々はよく変わります。

橋の数や物の値段以外にも、ホント、フランスの首都ですもんね~

そろそろまた、チェンジをチェックにいかなくては~~

私って変な観光客なんでしょうかね?☆


パナセァ

大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。