FC2ブログ
パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナントでは雑貨のお店にしか行けなかった~フランスの本屋さん~
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(最新版)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

私がフランス国ナント市に「とほほ滞在」していた1994-1995頃には、私のフランス語能力というのは今考えると非常に低く、初級の半ばといった感じでした。

でもって、言語的なものに頼らなくてもなぜか多少フランス人とコミュニケーションできるノウハウがあった私だったので、なぜか語学学校のクラスでも中くらいのところに入れていただいちゃってはいたが、物凄く読み書きが「アホ」な状態でありました。

だから、ナント停泊時には雑貨のお店とかおもちゃのお店とかをブラブラしたり、せいぜい可愛いカードを買ったりするくらいで、教科書以外の本というものはほとんど買いませんでした。

その教科書もナント大学の構内でシェパード犬と共に古本屋みたいなコーナーを運営していた人から買ったりしていたくらいで、そこの「均一コーナー」で小説本もいくらもあったけど、よくて題名くらいしかわからないので、手には取っても買うまでにはいたりませんでした。

ナント大学付属の語学学校は先生もスタッフもしごく親切だったので、教科書を購入するように書店の紹介もしていただいていたのですが、今考えればもったいないことに、そこにいっても一目散に教科書の注文をするだけの私だったのでした。

今だってフランス語で本を読むようなことは、それこそ「星の王子さま」くらいのもんですが、それでも、2年目のパリ停泊時代には停泊したのがカルティェラタンであったこともあって、よく本屋に入るようにはなりました。

しかし、最近わずかに数日とかパリに立ち寄る機会があった時が、やはりもっとも本屋さんに行きたい熱が高かったかな~とは思います。

私も年ですし、仕事が自由業なので収入も安定していませんから、フランスだなんだといっていても、もう一回行ける保証は常に限りなくゼロに近いのでずか、それでも、次ぎにいったら、もういちどあすこに寄ろうとか思ってしまっています。

初老の独身で「みため奥さん」、その実体はワーキングプァな私がなんとか自分の中に夢を持っていられるのもフランスのおかげであり、なによりもほとんど言葉もできない既に中年であった私を人間らしく扱ってくれたナントのおかげと今日も感謝するので~す。


もの想う秋になってきた北海道S市の☆


パナセァ


大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。