FC2ブログ
パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナント停泊で出会ったフランス人ではない人の思い出~⑤~中国からきていた人々
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(地図)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)[Folded Map]
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図を60に区分したポケット版
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps: Paris Atlas (Map No 11))
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

私がナントにとほほ停泊していた1995年頃には同級生には大陸からの中国人は少なかったように思います。

多分、中年?(当時の私が35歳くらいだったがそのくらい以上の感じ)の男性がひとり、大陸出身だったようでしたが、顔も覚えていませんから、同級生ではなかったのでしょう。

あと、台湾から来ていた若者がいましたが、彼は最初は非常に成功してフランス留学にきているような雰囲気だったのですが、後から、中々の苦労人であるということを日本人の友人経由でききました。

今となっては名前も覚えていないので、ニックネームもつけられませんね。

2009年現在、21世紀のナントには中国人の語学留学生はたくさんおられるでしょう。

そう思うと1995年というのも、かなり昔のような気がしてきます。

そして、当時は今と違ってプログもネット掲示板も一般的ではなかったので、「とほほ停泊」する前にフランスの地方都市の状況なんて調べようもなかったものです。

しかし、今は日本語でですら、色々な情報を、発信源はほぼ匿名とはいえ、色々と得ることができるのですね。

一方では、「フランス人って冷たいって本当ですか?」などという疑問を社会活動関係の方からもいただくことがあります。

不思議なものですね。
まぁ、ネットに繋がらない人が、若い人でもおられるのは理解しているのですが。
それにしても、テレビだってあるしねぇ

まぁ、2011年からは拙宅では映らなくなるかもしれませんが(苦笑)。。。

とにかく書くことが少ない、私の、ナントにおける中国の方との交友関係でした。

本当に昔のハナシですけどね☆


パナセァ



大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。