パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナント停泊で出会ったフランス人ではない人の思い出~⑧~ロシアからいらしてた少年?
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(地図)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)[Folded Map]
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図を60に区分したポケット版
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps: Paris Atlas (Map No 11))
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

実はロシアからいらしていた人で同級生になったのはひとりしかいない。

名前も覚えてません、ごめんね~ロシアの少年よ!

しかして、彼は中々に暗い目をしていたような気がする。

いや、根暗というのではなくて、フランスの文化にはなかなかなじめなかったのだろう。

そんなロシア少年(多分はたちまえであった)の思い出というとひとつ・・・

私たちは夏期講習で1994年の夏の大西洋に浜辺にいたのであったが、なにしろ、まだ温暖化というほどではなかったので、夏とはいえ水はあまりに冷たそうであり、シャワーの設備などもなさげなので、分別ある大人の生徒達はせいぜい波打ち際で足先を濡らすくらいであった。

それなのに、そのロシア少年はかすかな奇声のようなものをあげながら、ひとり海の中に入ったのであった。

それは有体に言って「寒い」行動ではあったのだが、本人はいたく満足だったようで、

「寒くはなかったのか?」という周りの気遣いにも

「全然寒くなかった」という感じであった。

彼は、ナント市内のバスであってこちらが挨拶してもボンジュールともいわないようななにを考えているのかわからん少年ではあったが、やはり、若者であって、血がタギッテいたのではあるまいか?

それとも、ロシア少年にとっては1994年夏の大西洋は本当に暖かかったのであろうか?

とけない謎ではあるね~


今となっては知る由もないっす☆


パナセァ




大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。