パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナント停泊で出会ったフランス人ではない人の思い出~10~南米のアスティカくん
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(地図)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)[Folded Map]
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図を60に区分したポケット版
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps: Paris Atlas (Map No 11))
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

ナントの語学クラスには南米からの人もわりといたのだが、その中にも印象深い人は少なくない。
ただ、私が中南米の地理などに非常に暗いので、どこの国の人だかははっきりしない場合も多い。

ひとり印象的だったのはその彼が側を通ると子供の頃タテブエで演奏した「コンドルは飛んでいく」という楽曲を思いださせられるという、そういう男性がいたことである。

噂では、ナントのストリートで演奏していたというのだが、彼アスティカくんが本当にミュージッシャンだったのかどうかは個人的には付き合いもなかった私には知る由もないことではある。

それにしても、アスティカくんは登場して日も浅いうちにナントの学食のカフェテリアで女の子と談笑していた。それが彼女なのか、友人なのか、単なる彼の知り合いなのかどうでもいいのであるが、なぜか目に付いてしまったのである。

アスティカくんは、存在するだけで、振袖を着た日本女性くらいはアピール度がある人物だったなぁ。

あの曲が聴こえる♪☆


パナセァ

大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック


FC2&シーサーブログランキング
↑ポチッと押していただけると、管理人の心に光がさしますm(__)m☆

お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。