パリの地図・フランスの地図
パリへ、フランスへ行きたい。でも、とっても方向音痴。こんな私がなんとかしてパリ観光、フランス観光を目指します!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑感~便利なものを安易に使うだけでは~外国語は難しいのがいい所?
☆小さいサイズのパリの全図
Michelin Paris Poche Plan (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図(地図)
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps)[Folded Map]
☆大きいサイズのパリの全図
Michelin Paris Street Map (Michelin Maps)
☆大きいサイズのパリの全図を60に区分したポケット版
Michelin Paris Pocket Atlas (Michelin Maps: Paris Atlas (Map No 11))
☆パリ20区の各区ごとの詳細地図
Michelin Paris Par Arrondissements Plan...
☆パリを北から南へと図解した地図帳
Michelin Paris Du Nord Au Sud: Plan...
**************************************

なにごともまずツールがあって、それを実現するのに色々な手段としてあるものを便利だと重宝して、ますます使い方に磨きがかかるということがあります。

たとえば、海外旅行の場合、航空券やホテル、主要列車や現地のオプショナル・ツアーの手配まで、日本の自宅のパソコンからそれなりの技術と知識があればできるようになっています。

私はかなりのメカ音痴ですが、メールとファックスを利用して、色々な旅行のツールを自分で手配できるようになり、とても便利だと思います。

で、社会活動でも「そういうことができるよ~」ということを入門フランス語にプラスして情報というか、私のような五十路オバサンでもできた常識として話すことがあります。

そして、初めてのフランス旅行の方にはできるだけ経験上の情報は開示します。

でも、中には「それってパソコンからできるんですよね」というふうに、パソコンの操作の仕方、またパソコンでの検索の仕方、あるいはそのパソコンの情報の見分けかたまで聞いてこられる方もいて、とても私の能力では答えられず、面目もなにもなく

「わかりません」と申し上げています。

だって、この世はパソコンを利用できる人には色々な情報があるという情報に満ちているけど、それはパソコンなどの現代の利器を使用することで便利になるのは、あくまで、各自の目標達成のための作業であって、判断や金銭・時間の負担はもしかして、20世紀より増えているかもしれないからです。

ひとつにはメールだってそうですよね。

私は複数のメルアドを使って日常生活や社会活動をしていますが、本当に必要なメールの実に20倍とか50倍の不要メール・迷惑メールがきます。

また、リアル関係のメールでも、電話とか対面ではいったりやったりできないであろうことを書き込んであるものも見受けられ、それもちゃんと私より年上であったりするので、中年以降、楽なツールの楽なところのみを愛用していると、こういうふうになるのなだな~と勉強になることも多いです。
(ちなみにFAXの利用法も勘違いしている人がいて、びっくりすることありますね~ 独白)

その点、外国語学習は加齢すると若いときよりも習得が難儀になるのがいいところかもしれません。でも、若いときはものすごく外国語がわかっていても、母国語同様、どう使っていいのかわからないということもあります。中高年の方は少ない言葉でやさしい表現でも旅行先で工夫して色々と通じさせるテクニックをもっておられることも多いのです。

また、あまりに変化が激しいマテリアルの世界では中高年は圧倒的に無知蒙昧に感じられたりもするのですが、人生経験から知ることができるものというのは実は大きく、大童の時代からひいてから気づくことも実に多いのです。

たとえば私は東京に15年停泊していましたが、その後東京のあっちがこう変わったとかこっちになにができたとか耳にしても、別に確認したいとは思わなくなりました。だって、北海道人からみた東京というものはまぁ、理解できてるつもりだし、マテリアル的に特に欲しいものもないし・・・たまに用があるだけですね。用があるときは行きますが、それだけの場所になりました。

ひとつには私が日本人なので、ある程度東京の空気もup to date に感じられるからかもね(^_^)

アハハ、本当に雑感になってしまいました。

こんなふうに雑然と文章をつづるのも母国語だからでしょうね。


北海道S市は大雨でございます☆


パナセァ


大通美術館教室でフランス語
道新文化センター「初めてのパリ・旅のフランス語会話」
楽天ブックス【楽天市場】本・雑誌・コミック



お断り:(このブログの内容はあくまで「どちらかというとフィクション」です。特定の団体や個人に関する正確な情報なんかではありません。とはいえ、このブログの内容の全てはpanasea75が管理しておりますので、当然のことながら、無断でコピーはしないでくださいね)



スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。